みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

8月のアクセスランキング

9月になりました。 先月このブログを始めてまだ間もないところですが、予想していたよりも本当に多くの方にご覧いただけていて、嬉しいやらびっくりやら、でもとにかく、本当に本当に有り難い限りです! せっかくなので、記事ごとのPV数を調べてランキングに…

「夏」が終わる

8月31日は、「気象」の世界で「夏」が終わる日です。 いつが春で、いつが夏で、いつが秋で、いつが冬なのか ― 。 それは、どの世界を中心に考えるかによって変わってきます。 気象学では、3~5月が春、6~8月が夏、9~11月が秋、12~1月が冬です。 つまり今…

あの日から4年 初めて岩手県に上陸した台風が残したもの

今日8月30日は、4年前の2016年に台風10号が岩手県に上陸した日です。 夕方に岩手県大船渡市付近に上陸した台風10号は、岩手県の沿岸部と呼ばれる地域を中心に記録的な雨を降らせ、岩手県内だけでも20人を超える人の命を奪いました。 特に被害が大きかったの…

夏と冬で揃う「日本一」の大わらじ —— 福島わらじまつり② 一揃いの伝統を守るために

昨日・今日の連載で、東北の夏祭りシリーズ最終章・福島わらじまつりをお届けしています。 約2千束の稲わらを使って作られる大わらじは「日本一」の大きさと言われる。 なお、一般の参加者を受け入れなかった今年の神事の様子もお伝えするために、昨日・今日…

夏と冬で揃う「日本一」の大わらじ —— 福島わらじまつり① あまりにも大きすぎる!

今月は、2020年は中止となってしまった東北各地の夏祭りについて、今だからこそ知ってもらいたい、そして来年以降はぜひ現地を訪れてもらいたい、という思いを込めて、シリーズでお伝えしています。 (昨日までの記事はこちら→青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり…

400年愛される絢爛豪華な七夕 —— 仙台七夕まつり③ "紙"に込めた思い

一昨日から、東北三大祭りの1つである仙台七夕まつりを連載でご紹介しています。 2020年は中止になってしまったものの、その魅力を多くの人に知ってもらいたくて、旧暦7月7日(暦では伝統的七夕と呼びます)に当たる一昨日に連載スタート。 今日はその最終回…

400年愛される絢爛豪華な七夕 —— 仙台七夕まつり② 長い長い歴史

昨日から連載でお伝えしている仙台七夕まつり。 仙台七夕まつりは、地元の商店や企業が数か月かけて製作した繊細かつ豪華な約3000本の笹飾りが全国から約200万人を引き寄せる、東北三大祭りの1つです。 昨日の記事ではその笹飾りの魅力について語りましたが…

400年愛される絢爛豪華な七夕 —— 仙台七夕まつり① 美しすぎる笹飾りたち

生きた伝統であり続ける東北の夏祭りをご紹介するシリーズ、今日からは仙台七夕まつりを特集します。 (昨日までの記事はこちら→青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり) 仙台七夕まつりと言えば、絢爛豪華な笹飾り。 繊細かつ豪華…

誇りの花・紅花とともに舞う —— 山形花笠まつり② 編み込まれた歴史

あまりにも暑すぎる毎日ですが、例年であれば東北は夏祭りによってもっとアツくなっていたはず…! ということで、2020年は中止となってしまった東北各地の夏祭りたちをご紹介するシリーズ。 昨日・今日は、夏の山形を威勢よく盛り上げる山形花笠まつりについ…

誇りの花・紅花とともに舞う —— 山形花笠まつり① 始まりは土搗き!?

東北の主要な夏祭りを紹介していくシリーズ、今回からは山形花笠まつりです。 (昨日までの記事はこちら→青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り) 衣装は参加団体ごとに様々だが、紅花をあしらった花笠は共通。 例年8月5日から7日の3日間、山形を象…

"美"が舞う宵の口 —— 盛岡さんさ踊り② 新しき中にも伝統あり

昨日・今日の2日にわたって、盛岡の夏を彩る盛岡さんさ踊りを特集しています。 (ほかの夏祭りシリーズについては、一昨日以前の記事をご参照ください。→青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり) 昨日の記事で、盛岡さんさ踊りは踊り手や太鼓、笛など3万人以上が盛岡…

"美"が舞う宵の口 —— 盛岡さんさ踊り① 魅せる踊り、加わる踊り

私が大好きでたまらない東北の夏祭りを順にご紹介していくシリーズ、今週は青森ねぶた祭り、秋田竿燈まつりに続いて、今日から盛岡さんさ踊りを連載でお伝えします。 盛岡さんさ踊りは、約2万人の踊り手と1万数千個の太鼓、それに約1500本の笛が盛岡市の中央…

輝く"稲穂"が闇夜を照らす —— 秋田竿燈まつり② 昼と夜の魅力

昨日・今日の連載でお伝えしている秋田竿燈まつり。 【昨日の記事の内容】 1.秋田竿燈まつりの黎明 2.米どころで発展した祭りの現在 megumin1120.hatenablog.com 本日の記事では、 3.昼と夜の魅力 についてお伝えします! 3.昼と夜の魅力 昨日の記事…

輝く"稲穂"が闇夜を照らす —— 秋田竿燈まつり① 黎明期~現在

2020年は中止になってしまった東北の夏祭りたちをご紹介するシリーズ。 昨日まで4日にわたって青森ねぶた祭を特集してきましたが、今日からは秋田竿燈まつりです! 約10,000個の提灯が夜の闇を照らす。竿燈の高さは10メートルを超えるものも。 稲穂のように…

夏の夜に舞う圧倒的あでやかさ —— 青森ねぶた祭④ 来年以降に向けて

東北が誇る祭りの1つ、青森ねぶた祭(例年8月2日~8月7日)。 今年2020年は中止となった祭りの魅力をお伝えするために、今日まで連載で記事を書いてきました。 megumin1120.hatenablog.com megumin1120.hatenablog.com megumin1120.hatenablog.com 今日はそ…