みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

天気のこと

季節の進みを知らせる「初もの」—— 連綿と続く目視観測

最近ばたばたしていてあまり記事を書けていない間に、いつの間にか今週のお題が「急に寒いやん」になっていました。 急に寒くなってきたこと、つまり季節が進んでいることを、私たちは自分自身の肌でも感じるし、同時にテレビや新聞で報じられる「季節の便り…

続々と初冠雪!…って、誰が決めるの? 意外と知らない観測の「いろは」を気象予報士が解説

今月15日に青森県の八甲田山系で初冠雪が観測され、昨日17日には岩手県の岩手山でも初冠雪の発表がありました。 www.iwate-np.co.jp いずれも平年と比べると数日前後している程度で、ほぼいつも通り、季節が進んでいることを示しています。 東北以外でも、北…

「地獄」の意味が伝わらなかった絶望 —— 関東・東北豪雨から5年

2015年9月、関東から東北にかけての地域に記録的な雨が降り、10日から11日にかけて、栃木・茨城・宮城に大雨の特別警報が発表されました。 3県であわせて8人が亡くなった平成27年9月関東・東北豪雨から、5年を迎えます。 この災害については、本業ではこれま…

行き合いの空 —— 夏と秋がみちのくですれ違う瞬間

まだまだしんどい暑さが続くものの、なんとなく空を眺めていると、見慣れたもくもくした雲だけでなく、うろこのような雲や、ハケでサッと描いたようなすじ状の雲も見え始めています。 9月に入ると、もくもくした夏らしい雲と、細かいうろこのような秋らしい…

露はどこから来るか —— 今日は二十四節気「白露」

昨日まで3日間、本来のブログテーマからちょっと脱線して、気象・防災に関する話をお届けしていました。megumin1120.hatenablog.com megumin1120.hatenablog.com megumin1120.hatenablog.com 予想外に多くの方に読んでいただけて、驚きました。 読んでくださ…

台風が来るたびに気象予報士がよく聞かれる10の質問に答えます

一昨日から、今週のお題「もしもの備え」に合わせて、私がこれまで東北など各地で気象予報士として仕事をしてきた経験をもとに、解説を掲載しています。 megumin1120.hatenablog.com megumin1120.hatenablog.com 今日の記事では、私が講演などの際によく聞か…

台風10号が来る前に気象予報士が伝えたいこと② 一番の備えは、「普通」のこと

台風10号の予報円がかなり小さくなってきました。 台風が予想通りの進路を通る可能性がかなり高くなってきたことを意味しています。 9月5日21時50分発表の台風予想進路(気象庁HPより)。必ず最新情報を利用すること。 昨日の記事で、台風10号の北上に伴って…

台風10号が来る前に気象予報士が伝えたいこと① 川に見えない「川」も氾濫する

気付いたら、"今週のお題"が「もしもの備え」になっていました。 数日前に岩手の過去の台風被害についてお伝えしたばかりですが、せっかく世の中の防災に対する関心が高まっている機会なので、本業(?)に戻ってこの記事を書きます。 いずれの項目でも、東…

「夏」が終わる

8月31日は、「気象」の世界で「夏」が終わる日です。 いつが春で、いつが夏で、いつが秋で、いつが冬なのか ― 。 それは、どの世界を中心に考えるかによって変わってきます。 気象学では、3~5月が春、6~8月が夏、9~11月が秋、12~1月が冬です。 つまり今…

あの日から4年 初めて岩手県に上陸した台風が残したもの

今日8月30日は、4年前の2016年に台風10号が岩手県に上陸した日です。 夕方に岩手県大船渡市付近に上陸した台風10号は、岩手県の沿岸部と呼ばれる地域を中心に記録的な雨を降らせ、岩手県内だけでも20人を超える人の命を奪いました。 特に被害が大きかったの…