みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

意外と高コスパ!アンテナショップでのお買い物

年末年始のお題#買って良かった2020に合わせて、今日ご紹介するのはアンテナショップでのお買い物。

東京メトロ東銀座駅から徒歩1分、岩手県のアンテナショップ「いわて銀座プラザ」です。

f:id:megumin1120:20201227221951j:plain

銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」。

お店の名前に「銀河」とついているのは、岩手が生んだ童話作家・宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」にちなんでいます。

f:id:megumin1120:20201227222353p:plain

入口の両サイドには、宮沢賢治の童話をイメージしたレリーフが並ぶ。

広い店内には、岩手自慢の産物がずらり。

f:id:megumin1120:20201227223247j:plain

贅沢なくらい色々売っている店内。ちなみに通路が広いので人と距離を取りやすかったです。

約3000種の品揃え(TOKYO. TOWN STORYより)だそうです。

食べ物だけでなくお酒や、

f:id:megumin1120:20201227222544j:plain
f:id:megumin1120:20201227222552j:plain
岩手県内では日本酒だけでなくワインやクラフトビールも製造している。

南部鉄器まで揃っています。

f:id:megumin1120:20201227222607j:plain

伝統工芸品でありながら新しいデザインと馴染みのよい南部鉄器。

基本的には岩手県内で買うのと値段が変わらないので、長距離の移動がなかなか出来ないこのご時世では、本当に嬉しい限り。

もちろん、最近ではお取り寄せして宅配してもらうという選択肢もありますが、冷蔵品だと配送料もかさむので、アンテナショップで買うというのは実はコスパの良い選択です。

f:id:megumin1120:20201227224631p:plain

有名な小岩井農場のお菓子や乳製品もかなりの数が揃っている。

ちなみに先ほど写真を載せたお酒コーナーも、実はコスパの良いお買い物ができるポイントの1つ。

岩手県は全国で2番目に広い都道府県なので(四国とほぼ同じサイズ)、そこに点在する酒蔵を回るのはかなり大変ですが、アンテナショップで色々試してある程度当たりを付けてから現地へ行くと、自分のお気に入りを探しやすくなるのです。

そして、もう一つおすすめなのが、お米

f:id:megumin1120:20201227225530j:plain

銀座で岩手県産米がこんなに豊富に手に入るとは、かつて思いもしなかった。

さすがに5キロとか10キロのサイズを買って地下鉄で買えるのは大変ですが、ちゃんとてのひらサイズのお試し用商品が置いてあります。

f:id:megumin1120:20200916224001j:plain

2~3合のお米が真空パックされた商品。てのひらに乗るサイズ。

お米については以前の記事でも書いたことがありますが、とにかく最近のお米はびっくりするくらい美味しい

真空パックは鮮度が落ちにくいし、このサイズなら短期間に色々試せるのでイチオシです。

ちなみに、2020年買ったもので私が特に気に入ったのは、「ぬか漬さんま」

f:id:megumin1120:20201227225928p:plain

サンマを一夜干ししてから糠漬けにした商品。頭なしタイプがお手頃。

意外とクセも強くなく、ほどよくお酒やご飯と合いました

f:id:megumin1120:20201227230229j:plain

フライパンで軽く焼いた「ぬか漬さんま」。

しっかりめの味なので、ペペロンチーノにしてみたらこれまた美味でした!

f:id:megumin1120:20201227230306j:plain

塩味が強めという特徴を活かしてパスタに。

この「ぬか漬さんま」も、500円ほどで晩ご飯のおかず、おつまみ、翌日お昼のパスタと結構使えたので、コスパ良いお買い物でした!

 

訪れるたびに新たな発見があるアンテナショップ。

ぜひ皆さんもお気に入りを見つけてください!