みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

12月のアクセスランキング

今月はなかなか書く時間を取れていませんでしたが、やはり記録として毎月残しておきたいので、12月のアクセスランキングを掲載します!

過去の記事を読んでみたいけど、どれを読めばいいのか…という方にとってもご参考になれば幸いです。

今月も、1位から順番にご紹介!

 

1位 看板のないラーメン屋さん 筆談で注文する絶品麺「伊原純平」 (秋田)

megumin1120.hatenablog.com

「#はてなで教えてキャンペーン」の「#私の大事なお店」部門で受賞した記事。

秋田の小さな町で何十年もつつましく続けられていた、小さな小さなラーメン屋さんのお話です。

すでに閉店していまい、皆さんに訪れていただくことはできませんが、一度食べたら忘れられないラーメンがあったことを、残しておきたくて書きました。

2位 牛肉より旨い!身も心も温まる魅惑の熊鍋

megumin1120.hatenablog.com

東北に住んでいた頃は何度も食べた、熊肉。

熊そばも熊ラーメンも熊刺しも美味しいですが、何と言っても冬はやっぱり熊鍋です。

私の愛する料理たちについて、たっぷり語った記事です。

3位 週明けは今季初の寒波がやってくる!気象予報士が解説する「寒気」と「寒波」の違い

megumin1120.hatenablog.com

今季初の寒波に備えて、基本的な知識について解説しました。

「寒波、寒波ってよく言うけど、結局なんなの?」という方におすすめ。

そして、そうこうしているうちに明日(1月7日)からまた寒波がやってくる見通しです。

4位 何もしないのも、ご褒美 ―― 空を見上げてみれば

megumin1120.hatenablog.com

こちらは私自身の想像をはるかに超えてアクセスがあった記事。

ぼーっと空を見ていると出会える様々な美しい現象(光学現象)について書きました。

これをきっかけに、より多くの方に、空模様に関心を持っていただけたら、嬉しいです。

5位 意外な相手に感謝!?みちのく商売繁盛の秘訣「仙台四郎」

megumin1120.hatenablog.com

仙台で商売をしていたら知らない人はいない!?というくらい、暮らしに浸透した存在、「仙台四郎」さん。

世にも不思議な民間信仰の裏には、「おかげさま」という日本人らしい感性が隠れているように感じます。

6位 年越し寒波を警戒すべき根拠 気象予報士が解説する「2週間気温予報」

megumin1120.hatenablog.com

年末年始は超寒いよ!!という記事でした。

実際、東京に住む私も(自分で記事を書いておいて)大みそかは買い出しに行こうとしてあまりの寒さに一旦家に戻ったくらいですし、日本海側ではこの年末年始の雪の量が尋常じゃなかったため、秋田県では1月5日、自衛隊に災害派遣を要請しました。

今後も気温の変動がありそうなので、ぜひ2週間気温予報を活用してください!

7位 意外と高コスパ!アンテナショップでのお買い物 

megumin1120.hatenablog.com

年末に公開した記事でしたが、アクセス数の伸びが良く、トップ10に入ってきました!

私の大好きな岩手県のアンテナショップ「いわて銀座プラザ」。

おすすめ商品とその理由を項目ごとに分けて紹介しています。

8位 ふわもち新食感!マタギのおやつ ケンミンSHOW 極上グルメ2位に輝いた「バター餅」(秋田)

megumin1120.hatenablog.com

こちらは9月に公開した記事でしたが、引き続きアクセス数の多い状態が続いています。

狩猟を生業とするマタギが、山に入るときに携行するバター餅を、食べやすいお菓子にした商品。

ふわっともちっと、そして、ほんのり懐かしい香りがします。

9位 所変われば大雪(おおゆき)変わる ―— 二十四節気 大雪(たいせつ)

megumin1120.hatenablog.com

暦を解説する記事はちょっと地味かなと思っていたのですが、意外と多くの方に読んでいただけて嬉しいです。

災害とは、その土地が耐えきれるレベルを超える雨や雪や気温に見舞われたときに起きるもの。

自分の住む土地の「耐えきれるレベル」はどのくらいなのか、災害が起きる前に知っておくことが「備え」になります。

10位 知らぬ間に受賞ブログになっていました! 看板のないラーメン屋さん「伊原純平」

megumin1120.hatenablog.com

こんな自画自賛記事がランクインしてしまって本当に申し訳ない限りですが、読んでくださった皆様に感謝感謝です。

ランキング1位となった受賞記事を補完する形で、当時載せきれなかった写真などをご紹介しています。

ぜひ、秋田の小さな町に思いを馳せてみてください。

 

さてさて、2021年に入り、東北では東日本大震災から10年目を迎えます。

もう10年、まだ10年、でも10年。

私自身も、あらためて東北を見つめ直していきたいと思います。