みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

全国のナチュロで買える!おいしい岩手・宮城を旅する気分

今月はナチュラルローソンで、岩手・宮城の美味しいものを集めたフェアをやっているのですが、自宅近くにナチュロがなくてなかなか行けず…、本日たまたま仕事で行った場所の近くに発見したので、大人買いしてきました…!

f:id:megumin1120:20210325215142j:plain

岩手と宮城のおいしいものをざっと7点お買い上げ!それぞの商品については下記で詳しくご紹介します♪

コンビニでの大人買いって、なんでこんなに楽しいのでしょうか…❤

今回のフェアの詳細はローソン公式ページに譲るとして、 

www.lawson.co.jp

この記事ではそれぞれの商品について、「みちなるみちのく」ならではの解説をお届けします!

 

◎気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース焼そば

f:id:megumin1120:20210325220650j:plain

気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース焼そば(税込み499円)

オイスターソース入りの焼きそばなんて、どこにでもある…と思いきや、こちらはそのオイスターソースが普通じゃない!という商品。

気仙沼市の唐桑(からくわ)地区と聞けば、宮城県民なら"魚が美味しいところ"の定番イメージがあるほどの知名度ですが、その唐桑地区の海で獲れた牡蠣だけを使って作ったこだわりのオイスターソースの焼きそばです。

これは、美味しい。

海のうまみがぎゅっと詰まった感じがするけど、生臭さとか魚臭さはなくて、食が進む味わいです。
具材にはアミ海老やアサリ、野菜も入っていて、満足感の高い一皿。

 

◎金華さばのわっぱ風弁当

f:id:megumin1120:20210325215336j:plain

金華さばのわっぱ風弁当(税込550円)

「金華さば」というサバをご存知でしょうか。

宮城県石巻市沖に生息する真さばのうち、旬の時期に水揚げされた大きいものだけが「金華さば」というブランドで流通します。

石巻市の沖には金運アップのパワースポットとして有名な金華山(きんかさん)という島があるのですが(島全体が金華山という山になっている)、その周辺の海に生息して外洋に回遊しないものだけが、「金華さば」と呼ばれる資格があります。

焼きさばって脂っこいかも…と思われがちですが、このお弁当のさばは塩水で処理をして余分な脂を落とす加工がされていて、かなり食べやすかったです!

焼く前に醤油、みりん、酒、生姜のタレで漬け込んであるらしく、聞くだけで美味しそう

容器が普通のコンビニ弁当風じゃなくて、曲げわっぱ弁当風になっているのも、いい感じ。

お花見弁当みたいで気分が上がります!

ちなみにこの金華さば、ローソンのHPでは「『幻の魚』と言われている」と説明があったのですが、私が仙台に住んでいた頃は普通に定食屋さんで「金華さば定食」が安価に食べられました。

ただ、近年水揚げされるさばのサイズが小さくなってきていて、金華さばを名乗れるさばが減っているという話も聞いたので、希少価値になってきているのかもしれません。

 

◎仙台味噌仕立てのせり鍋スープ

f:id:megumin1120:20210325221408j:plain

仙台味噌仕立てのせり鍋スープ (税込 399円)

すみません、この商品は今回のフェアとは関係ないのですが、「仙台」の文字が入っていたのでつい買ってしまいました…もちろん美味しかったです

仙台の冬の風物詩「せり鍋」については以前の記事で解説しましたが、

megumin1120.hatenablog.com

せりはクタクタに煮るのではなく、シャキシャキ食感が残る程度にさっと火を通すのがコツで、こちらの商品もちゃんと、電子レンジで加熱するときにセリに火が通り過ぎないようにセリとスープ本体が耐熱フィルムで仕切られていたところに、気遣いを感じました!

ちなみにスープは仙台味噌もいい仕事していますが、地鶏とかつお節の出汁も使われていて、全部飲み干せる美味しさでした。

 

◎玄米おにぎり(わさびごはん)

f:id:megumin1120:20210325222118j:plain

玄米おにぎり(わさびごはん)(税込 160円)

これも実はフェアとは関係ないのですが(本当は「仙台味噌の玄米焼おにぎり」が存在するはずなのに売り切れていた)、使われている「金のつぶ」という玄米は宮城で誕生した品種なので、ついつい購入。

玄米100%なのにすごく食べやすい

玄米ならではのぷちぷちした食感もたまらない。

「金のつぶ」は通常の玄米と比べて胚芽部分の大きさが3倍もあり、ビタミンEなどの栄養成分も豊富なので、健康のためにもおすすめです。

ちなみにこのおにぎり、焼きあごの出汁で炊き上げた玄米ご飯にわさび菜、京菜、ごまを混ぜ合わせているらしく、この説明を書いていて再びお腹がすいてくるレベルです。

 

◎宮城県産もういっこ苺のサンド

f:id:megumin1120:20210325222516j:plain

宮城県産もういっこ苺のサンド(税込 420円)

宮城県産のいちご「もういっこ」を贅沢に使ったいちごサンド。

「もういっこ」についても以前の記事で解説したことがありますが、

megumin1120.hatenablog.com

本当に、「とちおとめ」とか「あまおう」に負けない、美味しくて優秀ないちごです。

このサンドは、いちごそのものの甘さと酸味を楽しめるようにと、いちごとホイップクリームだけのシンプルな仕立て

東京だとなかなか「もういっこ」がスーパーに並ぶことも少ないので、ぜひこういう機会を通じて多くの人に食べてもらいたいです!

 

◎苺の杏仁豆腐(宮城県産もういっこ苺トッピング)

f:id:megumin1120:20210325223115j:plain

苺の杏仁豆腐(宮城県産もういっこ苺トッピング)(税込 420円)

「もういっこ」の商品をもう1個!

甘さひかえめの杏仁豆腐の上に宮城県産「もういっこ」が載っていて、周りにはいちごとラズベリーのソースがかけられています。

シンプルだけど、こちらもいちご本来の美味しさを味わうにはぴったりです。


ちなみにこのほか、「三陸産わかめのボウルサラダ」などの商品もあるはずなのですが、私が買いに行ったナチュロでは売り切れでした…。

三陸はわかめも本当に美味しいので(仙台にいたころはわかめでしゃぶしゃぶしていました)、ぜひ多くの人に食べてほしいです!

ナチュラルローソンの「旅する気分を味わおう!岩手・宮城フェア」は、今月3月29日までです。(店舗によって取り扱い商品が異なるそうなので、お気をつけください!)