みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

みちのく桜開花も秒読み!生命力あふれる「春」へ

このところ東京や大阪、福岡といった各地で続々と桜が満開となり、今年は久しぶりにお花見をしたという方も多いと思います。

今、桜前線は関東と北陸の間くらいまで北上していて、まもなく東北入りする見込み。

こちらは、日本気象協会の桜開花予想をもとに作成した、東北さくらマップです。

f:id:megumin1120:20220331231452j:plain

日本気象協会HPを元に作成(参照日時:2022年3月31日21時)

この予想によると、東京や福岡などと比べると2~3週間遅れてあと数日で南から開花する見通し。

そして各地ともに開花から3~5日で満開になる見込みです。

東京などでは開花から満開まで1週間ほどかかりますが、東北の桜の咲き進み方はいつも急ピッチ

他の地域よりも冬が厳しく長い分、溜め込んでいたエネルギーを一気に開放して咲くのです。

f:id:megumin1120:20220331232418j:plain

宮城県の大河原町から柴田町にまたがる一目千本桜(過去の様子)。

東北には桜の名所が多く、全国からはるばる多くの人が見に来る場所もあれば、地元の人でもなかなか行かない場所もあります。

名所の場所も、公園、城、川沿いといった定番スポットから、国立公園の中や牧場、そして山間部まで様々。

f:id:megumin1120:20220331232550j:plain

山全体がまるごと花盛りになる、福島市の花見山(過去の様子)

種類もソメイヨシノだけでなく、たとえば弘前公園(青森県)のように50種類以上の桜を楽しめる場所まであります。

f:id:megumin1120:20220331232706j:plain

青森県弘前市にある弘前公園の堀(過去の様子)

東北の深い自然の恵みの中で生命力を輝かせる桜たち。

このブログでもちょこちょこご紹介していきますので、お楽しみに!