みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

入手困難だった人気商品をおうちで!夏が終わっても食べたい「酪王カフェオレアイス」(福島)

今週は、今週のお題「好きなおやつ」に合わせて東北のおやつ色んな視点からご紹介していますが、

megumin1120.hatenablog.com

megumin1120.hatenablog.com

今日のおやつはアイスクリームです。

「もう涼しくなったからアイスは要らない」とは言わせません!

私の愛する「酪王カフェオレアイスクリーム」をご紹介します。

f:id:megumin1120:20200929133656j:plain

酪王カフェオレアイスクリーム(酪王乳業)。発売当初はあまりに入手困難で「激レアアイス」と呼ばれたが、今では需給が落ち着き、好きなときに食べられるようになった。

まず、「酪王カフェオレアイスクリーム」について語る前に、普通の人は「酪王カフェオレ」を知らないと思いますが、福島県内400か所以上の学校や幼稚園に牛乳を納入する酪王乳業(本社:福島県郡山市)の人気商品です。

f:id:megumin1120:20200929132529p:plain

酪王乳業の酪王カフェオレ。写真の300mlのほか色々なサイズがある。紙パック正面に書かれたオレンジ色の細かい文字は、よく見るとフランス語で酪王カフェオレについて説明しているという芸の細かさ。

福島県の多くの子どもたちが酪王牛乳を日常的に飲んで育ち、いわば酪王の商品は福島県民の"ソウルドリンク"と表現しても過言ではありません。

中でも「酪王カフェオレ」は、生乳を50%以上使用し濃厚だけど後味スッキリという絶妙なバランスが支持され、1976年の発売当初からの超ロングセラー商品

 

さらに「いちご版が飲みたい」という消費者のリクエストに応えて、2014年からは「酪王いちごオレ」も販売され、「酪王カフェオレ」とともに関東のお店でも手に入ります。

f:id:megumin1120:20200929132802j:plain

酪王いちごオレ。カフェオレとどっちが好きかと聞かれると困ってしまうくらい美味しい。(ザ・ガーデン自由が丘で購入。150円くらい。)

その酪王乳業が2016年に販売を開始したのが、件の「酪王カフェオレアイスクリーム」

みんな大好き酪王カフェオレをそのままアイスにしたような美味しさで人気が出たのはもちろんですが、最初に2016年11月に福島県内で発売された限定6000個(酪王カフェオレ40周年の記念発売だった)がわずか2週間で完売したことで、一気に全国的に知名度が上がりました

追加生産するもまたもや即完売「どこに行っても手に入らない」と話題騒然となりました。

(下記リンクは当時の毎日新聞ニュース。会員限定記事だが、概要文は誰でも読めるようになっている。)

mainichi.jp

私自身も当時どうしても食べたくて、2017年に福島県いわき市に遊びに行った際、いわき・ら・ら・ミュウ(水族館「アクアマリンふくしま」の近くの物産館)で発見したときは感動しました。

f:id:megumin1120:20200929134125j:plain

やっと発見!酪王カフェオレアイスクリーム(写真左)。(2017年4月、福島県いわき市にて)

酪王牛乳酪王カフェオレをそれぞれ10%ずつ使用していて、ミルク感たっぷり。

そして香料を加えていない爽やかなコーヒー風味が、絶妙に美味しい。 

f:id:megumin1120:20200929134606j:plain

酪王カフェオレファンを裏切らない、期待通り、いや期待以上のアイスクリーム。もともとイベントでカフェオレ味のソフトクリームを販売していたが「足が悪くて外出できない家族にも食べさせたい」という声に応え、持ち帰れるカップタイプを開発した。

福島県内のほとんどの食品メーカーがそうだと思いますが、酪王乳業も東日本大震災による原発事故の後、多くの困難を経験した会社です。

福島県産の原乳にこだわって生産してきたのに、県内で原乳が手に入らない

苦渋の決断岩手県産の原乳を仕入れて生産・出荷したら、今度は「福島県産を隠している」と非難され、ネットで炎上。

それでも、「美味しいから」と応援する消費者の声を糧に乗り越えたからこそ、今も私たちは酪王の商品を味わうことができます。

 

ちなみに、かつて「どこに行っても手に入らない」と言われたアイスは、今やネットでも買えるようになりました。

(酪王オンラインショップ:ページ中程にアイスのラインナップあり)

rakuou.shop21.makeshop.jp

逆境に負けず、消費者の声に応え続けてきた酪王乳業の酪王カフェオレアイスクリーム

一度味わったら、夏が終わっても、秋も、冬も、食べたくなること請け合いです!