みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

絶景だらけ!GWは生命の息吹感じる東北へ

明日から最大10連休という方もいらっしゃると思いますが、ゴールデンウィークの時期は東北で生き物たちが一斉に輝く季節

あちこちで美しい景色を楽しむことができ、全部回ろうとすれば10連休でも全然足りないくらいです。

今日はそのうち、初夏の新緑が眩しい絶景3選をご紹介します。

 

1.雪解けとともに若葉が一斉に芽吹く:白神山地(秋田・青森)

白神山地秋田・青森にまたがるブナ林を中心とした世界自然遺産で、エリア内には緑道や森、湖、滝など多くの絶景スポットがあります。

中でも白神山地を訪れる際に外せない場所の一つがこちら。

神秘的な色をたたえる青池(青森県深浦町)です。

十二湖と呼ばれる12の湖の中でも特に人気が高く、吸い込まれるような美しさ

またGW後半にはエリア内にある田苗代湿原(秋田県藤里町)でニッコウキスゲも咲き始め、約8000年の歴史を持つと言われる白神山地で今も生命が息づき季節とともに千変万化する様子を垣間見ることができます。

(※なお、白神山地のエリア内では現在、「暗門の滝」と呼ばれる場所へ行くための国道が昨年の土砂災害の影響で通行止めになっています。今回ご紹介した十二湖や田苗代湿原へはアクセス可能ですが、暗門の滝へは行けないためご注意ください。)

 

2.街も旧跡も青葉に囲まれる:仙台(宮城)

「杜の都」とも呼ばれる宮城県の県庁所在地・仙台は、伊達藩の方針もあり江戸時代から多くの樹木が植えられてきました。

初夏になるとケヤキ並木で有名な定禅寺通りなど街中も緑で溢れます。

仙台市内には青葉城をはじめ伊達藩にちなむ様々な歴史旧跡がありますが、中でもおすすめは瑞宝殿(ずいほうでん)

瑞宝殿は伊達家歴代当主の霊廟です。

JR仙台駅から南西に2キロほど、古くから聖なる土地として「経ヶ峯(きょうがみね)」とも呼ばれる小さな山の上にあり、地元では霊屋(おたまや)とも呼ばれています。

安土桃山文化の威風が残る絢爛豪華な建築はもちろん、それを取り囲む森も見どころ。

街の喧騒から隔絶された緑たっぷりの空間で、日常を忘れることができそうです。

 

3.猛き兵(つわもの)達の往時をしのぶ平泉(岩手)

「夏草や つわものどもが 夢のあと」という松尾芭蕉の句で有名な岩手県の平泉

世界文化遺産に登録されている中尊寺などの社寺には毎年多くの人が訪れますが、今の時期は新緑も魅力

1000年近い歴史を持つこの場所は、現在のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ゆかりの舞台の1つでもあります。

若葉が芽吹く今は、まさに芭蕉が読んだ「夏草」を思い起こさせるような情景です。

また、「夢のあと」となってしまった平泉の中で芭蕉が「金鶏山のみ形を残す」と記したその山も、ちょうど生い茂る青葉に覆われる時期。

芭蕉が「奥の細道」の詩句をつづりながら東北を巡ったのはちょうど5月頃だったと言われ、芭蕉が見た風景を追体験することができます。

hiraizumi.or.jp

 

今の季節だからこその魅力がたっぷり詰まった東北。

雪国の厳しい冬を乗り越えて生命を輝かせる東北の新緑に囲まれて過ごせば、心も体もリセットされて、新しくがんばるための元気をもらえそうです。

今回ご紹介した場所は世界遺産観光のために以前よりもアクセスが改善されていたり、また仙台市内の名所など東京から日帰りで行けるところもあります。

まだ連休中どこへ行くか決めかねている人にもおすすめです!