みちなるみちのく

東北180市町村を回った筆者が、あなたの知らない東北(みちのく)をご紹介します。

城跡に咲く可憐なコスモス —— 松山御本丸公園のコスモス園(宮城県大崎市)

暑さなかなか収まらないこの頃ですが、来週にはようやく秋らしい風を感じられそうな見通し。

ということで、一足先に秋を感じる風景をお届けします!

f:id:megumin1120:20200908221755j:plain
f:id:megumin1120:20200908225052j:plain
宮城県大崎市の御本丸公園に秋になると現れるコスモス園(2017年9月の様子)。

とっても可憐コスモスに出会えるのは、宮城県の北西部にある大崎市

御本丸公園(ごほんまるこうえん)では今年も、コスモス園がオープンしました!

(9月5日~10月4日限定。イベント(コスモスまつり)は中止。)

 

園内のコスモスは約22種類20万本

看板の情報をもとにコスモスの品種を探し当てるのも、まるで宝探しのようで楽しいです。

f:id:megumin1120:20200908222756j:plain
f:id:megumin1120:20200908222811j:plain
f:id:megumin1120:20200908222840j:plain
花の種類が書かれた看板(左)をもとに探し当てた、あかつき(中央)とダブルクリッククランベリー(右)(2017年9月撮影)

 大崎市に合併する前は松山町だったため、地元では「松山のコスモス」と呼ぶこともあります。

宮城県民じゃないと知らない…、あるいは、宮城に住んでいても県南の人はあまり知らないかもしれません。

極端に混雑することもなく、のんびり散策できるのも魅力の1つです。

 

御本丸公園という名前の通り、もともとはお城だった場所。

かつてこの場所に建っていたという千石城の創建は定かではありませんが、遅くとも鎌倉時代にはすでにあったとされ、この地を収めた奉行の居城となっていたようです。

f:id:megumin1120:20200908223540j:plain

城跡のため少し高台になっていて、遠くを望むと江戸時代から続く米どころ・大崎耕土が見渡せる。

ピンク系のコスモスばかりでなく、カラフルなコスモスモザイク模様のように可愛い畑も。

f:id:megumin1120:20200908223856j:plain

色がいっぱい!可愛すぎるコスモス畑(2017年9月撮影)

キバナコスモスを集めた畑もあって、1か所で色んな写真が撮れるお得なスポットです。

f:id:megumin1120:20200908224600j:plain
f:id:megumin1120:20200908224549j:plain
元気の出る黄色やオレンジのコスモス。昆虫たちも仕事に忙しい。(2017年9月撮影)

今回の記事でご紹介している写真は2017年の見頃のタイミングで撮ったものですが、今年もあと1~2週間もすると、咲きそろってくるかと思います。

 

コスモスは短日植物(たんじつしょくぶつ)と言って、日が短くなると開花する植物。

最近は日照時間に関係なく咲く品種も開発されていますが、古くから季節の進みを教えてくれてきた生き物の1つです。

 

気付けばお彼岸まであと2週間ほどとなりました。

東北ではこれから一気に気温が下がる時期。

過ぎ行く季節をこれからも引き続き追いかけてまいります!